2023年春期講演大会 公募シンポジウム テーマ提案募集

提案期限: 2022年9月1日(木) 期日厳守

会員の研究活動の一層の活性化を図ることを目的として,春秋大会において会員からの提案テーマによるシンポジウム講演を実施いたしており,活況を呈しております.明年の春期大会の公募シンポジウムテーマを募集いたします.次の要領をご参照のうえ,活発な討論が期待できる有益なテーマを積極的にご提案下さい.(提案様式はホームページよりダウンロードして下さい.)


【募集対象の大会】

2023年春期講演大会(開催会場未定・オンラインの可能性もあり)


【実施要領】

  • ・ 境界領域を取り込むもの,最新の情報を含むもの,適時な討論展開ができるもの.
  • ・ 一般会員,若手・中堅研究者の,斬新なアイデアによる提案を期待する.
  • ・ これまでの金属学会になかったテーマを歓迎する.一つのシンポジウムの講演件数は10件以上であることを目安とする.
  • ・ 採択したテーマは,公募シンポジウムとして,講演申込を募集会告する.
  • ・ 採択された場合,提案者(企画責任者)はテーマ責任者として,積極的に講演募集を行い,また講演プログラムを編成する.
     シンポジウムの企画に積極的な方々が将来,調査研究・講演大会などで主導的に活躍されることを期待する.
  • 講演の種類:基調講演と応募講演
  • 提案書の内容:①テーマ,②テーマ英語名,③趣旨,④基調講演の予定題目と講演者,⑤推定講演数,⑥希望会場広さ・開催希望日,⑦提案者所属・役職/氏名,⑧通信先住所・TEL・FAX,E-mail
  • 提案書送付方法:下記送信先にE-mail添付で送付して下さい.2, 3日過ぎても受理返信通知のない場合はご連絡下さい.
  • テーマの選定:講演大会委員会で選定し,結果は提案者に通知します.
  • 採択テーマの告知と講演募集:「まてりあ」11号2023年春期大会講演募集会告ならびに本会ホームページで行う.
  • 講演申込締切日:2023年1月初旬予定
  • 講演プログラム:テーマ責任者がプログラム編成し,講演大会委員会へ提出する.
  • 講演時間:応募講演:15~25分(+討論時間 5~10分=合計20~35分)
         基調講演:30分(+討論時間10分=合計40分)
  • 講演概要原稿分量:A4 判 1 ページ(応募講演,基調講演とも)

【公募シンポジウム企画の採択基準】

[参考]2022年春期講演大会における公募テーマ
 S1  プラストンの材料科学IX
S2 ハイエントロピー合金の材料科学VII
S3 エネルギー関連材料の特性評価・解析・予測(II)
S4 材料機能特性のアーキテクチャー構築シンポジウムIII―凝固および固相変態で造り込む構造と材料特性の関係―
S5 特異反応場における時間/空間応答を利用した新奇材料構造創成
S6 生体用金属・セラミックス系材料の実用化に向けた評価方法開発・標準化
S7 永久磁石開発の元素戦略9 ―次世代新材料に向けた基礎・基盤研究―
S8 金属表面の材料化学V―めっき・耐食性・耐酸化性・触媒研究の新展開―
S9 金属・無機・有機材料の結晶方位解析と応用技術
問合・送信先 E-mail:stevent[at]jimm.jp (8/1からメールのドメインが変りました.)
※ メールアドレスの[at]は@に置き換えてください
TEL: 022-223-3685  FAX: 022-223-6312
(公社)日本金属学会 講演大会委員会宛