機関誌(まてりあ・会誌・欧文誌)掲載記事・論文の引用(転載)許可の改訂について

会報・会誌・欧文誌編集委員会

本会では,機関誌(まてりあ・会誌・Materials Transactions)の転載許可業務の一部を,(一社)学術著作権協会に委託することといたしました.該当する場合には,本会にお申込みいただいた後でご案内いたします.

また,これに伴い,許諾の要不要および許諾費用について改訂いたしましたので,下記の通りお知らせいたします.ご理解を何卒宜しくお願いいたします.

尚,いずれの場合でも,引用(転載)する場合は,必ず出典を明記するようにして下さい.


1. 許諾の要不要および許諾費用
1.1. 著作者本人が引用する場合
 ① 適切な引用の範囲の場合
転載先刊行物の種類 許諾の要不要 費    用
非営利目的 不要 無料
営利目的 必要 有料(5 図面まで5,000円,6 図面以上は 1 図あたり1,000円)
文章のみの場合(営利・非営利問わず) 不要 無料
 ② 適切な引用の範囲を超える場合(論文全体の転載,リポジトリ登載含む)
転載先刊行物の種類 許諾の要不要 費    用
非営利目的 必要 有料(1 論文あたり30,000円※)
営利目的 必要 有料(1 論文あたり60,000円~,発行部数・公開方法等による)
※ 無料公開論文のものを引用・転載する場合は無料,また,博士論文,科研費申請書類等は無料とする.

1.2. 著作者本人以外(出版社含む)が引用する場合
 ① 適切な引用の範囲の場合
転載先刊行物の種類 許諾の要不要 費    用
非営利目的 必要 無料
営利目的 必要 有料(事務局へ問い合せ下さい)
文章のみの場合(営利・非営利問わず) 不要 無料
 ② 適切な引用の範囲を超える場合(論文全体の転載,リポジトリ登載含む)
転載先刊行物の種類 許諾の要不要 費    用
営利・非営利問わず 必要 有料(事務局へ問い合せ下さい)

2. 営利・非営利の具体例
転載先の種類 非営利とみなす例 営利とみなす例
学術ジャーナル(オンラインジャーナル含む) すべて非営利とみなす なし
研究報告書 学会の事業報告,企業の技報,大学紀要,博士・修士論文,科研費申請書・報告書類 なし
国際会議プロシーディングス,Abstract 集 すべて非営利とみなす なし
講習会等テキスト・スライド 無料もしくは実費相当程度の価格のもの
(学協会,公的機関主催のもの)
収益を目的とした価格のもの
(企業主催のもの)
カタログ・パンフレット 収益を目的としない会合・集会等で配布する研究紹介,研究者プロフィール等 企業の製品カタログ・パンフレット等
単行本 実費相当程度の価格のもの
(学協会,公的機関発行のもの)
収益を目的とした価格のもの
(商業出版社発行のもの)
Web サイト・Web データベース 機関リポジトリ,研究内容の紹介等利用料が無料のもの 利用料が有料のもの

送信・問合せ先:〒980-8544 仙台市青葉区一番町1-14-32
(公社)日本金属学会 転載許可担当
TEL:022-223-3685 FAX:022-223-6312
E-mail:kyoka[at]jim.or.jp
※[at]は@に置き換えて下さい。