2020年秋期講演大会公募シンポジウムテーマ要旨

秋期講演大会(富山大学)におけるテーマ公募によるシンポジウム講演は,下記 7 テーマで実施することになりました.講演申込要領は前記のとおりです.多数の有益な講演と活発な討論を期待いたします.

S1 ミルフィーユ構造の材料科学III

Materials Science of Mille-feuille Structure III

協賛:繊維学会

LPSO 相を含む Mg 合金で発現が認められた「キンク強化」は,Mg 合金のみならず,硬質層と軟質層が積層した「ミルフィーユ構造」を有する金属・高分子・セラミックス材料を広く対象として,新規強化手法になり得る期待が高まってきた.各種材料におけるミルフィーユ構造を制御して,「キンク形成」に伴った「キンク強化」を図るには,それぞれの材料における層状構造のキンク形成機構解明とともに,あらゆる材料に共通するキンク形成の普遍原理の抽出が必要となる.
 本シンポジウムでは,研究対象とする材料を金属のみならず高分子およびセラミックス材料へと拡大して,ミルフィーユ構造を有する多様な材料のキンク形成およびキンク強化を深く議論したい.そこで,本シンポジウム開催にあたり,繊維学会の協賛を得て,高分子材料に関わる講演も広く募集することとする.そして,本シンポジウム開催を,分野の垣根を越えた新たな学際領域創出の好機としたい.

テーマ責任者

(シンポジウム chair):

北海道大学大学院工学研究院教授 三浦誠司

E-mail: miura[at]eng.hokudai.ac.jp
※ メールアドレスの[at]は@に置き換えてください

(シンポジウム co-chairs):

東大 阿部英司 熊本大 河村能人 九大 中島英治

JAEA 相沢一也 東工大 藤居俊之 稲邑朋也

S2 機能コアの材料科学Ⅰ

 New Materials Science On Nanoscale Structures and Functions of Crystal Defect Cores, I

多くの先進材料において,材料内部に存在する点欠陥や粒界,界面,転位等の結晶欠陥が,機能発現の起源となっている.したがって,結晶欠陥を高度に制御し,その機能を最大限に引き出すことができれば,材料研究における大きなブレークスルーとなると期待できる.また,近年のナノ計測技術や理論計算における分解能や精度の著しい進歩により,結晶欠陥の原子レベル構造と局所機能に関する新規な知見が次々と得られるようになってきた.この流れを受け,令和元年,新しい新学術領域「機能コアの材料科学」が立ち上がった.そこで,本シンポジウムでは,結晶欠陥(機能コア)に関する最新の研究成果を議論し,今後の課題と方向性について意見交換する場としたい.

テーマ責任者

(シンポジウム chair):

大阪大学大学院工学研究科准教授 吉矢真人

E-mail: yoshiya[at]ams.eng.osaka-u.ac.jp
※ メールアドレスの[at]は@に置き換えてください

(シンポジウム co-chairs):

名大 松永克志 東大 柴田直哉 溝口照康 東工大 平山雅章

名大 丹羽 健 中村篤智

S3 ハイエントロピー合金の材料科学(IV)

Materials Science and Technology in High-Entropy Alloys (IV)

2018年秋期講演大会より,系統的に同一テーマにてシンポジウムを開催しており,今回がその第 4 弾となる.この分野は,現在,世界的にも活況を呈しており,ハイエントロピー合金に関するシンポジウムが TMS や MRS などの定期大会だけでなく独立な国際会議としても多数開催されている.本シンポジウムでは,ハイエントロピー合金の基礎及び応用に関する実験・理論計算からの研究に関する講演を広く募り,大学・企業・研究所の研究者の活発な議論の場を提供するとともに,これら研究者の有機的連携を促進しつつ,ハイエントロピー合金に関する科学的な疑問を解明すべく企画させていただいた.我が国においても,新学術領域研究「ハイエントロピー合金」が継続中であり,この分野における最新知見の共有および情報発信は,日本金属学会の会員にとって有益と考える次第である.特に今回は,新学術領域研究「ハイエントロピー合金」の研究期間の中間点にあたることから,これまでの研究成果の集約,ならびに今後の展開について,幅広い議論を想定している.(第 3 分野,第 4 分野,および第 8 分野共催)

テーマ責任者

(シンポジウム chair):

名古屋大学大学院工学研究科教授 小山敏幸

E-mail: koyama[at]material.nagoya-u.ac.jp
※ メールアドレスの[at]は@に置き換えてください

(シンポジウム co-chairs):

京大 乾 晴行 東北大 古原 忠 京大 辻 伸泰

阪大 尾方成信 東北大 加藤秀実

S4 材料変形素過程のマルチスケール解析(III)

Multi-scale analysis of elementary processes in plasticity (III)

近年,ナノ・マイクロ機械試験法や原子分解能電子顕微鏡法をはじめとする最先端の実験手法,第一原理計算を中心とした計算材料科学の急速な発展により,材料の変形・破壊挙動を支配する転位や変形双晶といった塑性変形の素過程について,実験,理論の両面においてマルチな時間・空間スケールでの横断的な解析が行われ,様々な興味深い現象が見出されるようになっている.本公募シンポジウムは2018年秋期大会(第 1 回)および2019年秋期大会(第 2 回)において開催され,大変好評であったため,同テーマに関する第 3 回シンポジウムを企画する.本シンポジウムは,前々回,前回に引き続き各種材料の塑性変形の素過程に関する最新の実験・理論研究に関して特に若手研究者を中心に広く講演を募り,大学,研究所,企業の研究者間の塑性変形に関する活発な議論の場を提供するとともに,これら研究者間の新たな連携を促進することを目的とする.

テーマ責任者

(シンポジウム chair):

大阪大学准教授 君塚 肇

E-mail: kimizuka[at]me.es.osaka-u.ac.jp
※ メールアドレスの[at]は@に置き換えてください

(シンポジウム co-chairs):

京大 岸田恭輔 金沢大 下川智嗣 九大 田中將己

名大 高田尚記

S5 ナノ・マイクロスペーステイラリングIV

Tailoring of Nano/Micro-Space for Advanced Functions IV

極限場を用いた非平衡状態や散逸構造化などを駆使し,ナノ~マイクロオーダーで空間制御した材料の創成・特性評価を進めてきた.これまでにも,高エネルギー線照射によるナノ構造体形成や物理的化学的にナノスペース/層間へ原子を挿入する技術を通じて特徴的なナノ・マイクロ構造創成について討論してきており,これまで 4 回継続した開催においても基調講演を合わせて常に10件以上の講演申し込みがあり,会員の本分野への興味の高さをうかがわせる.今回のシンポでは,異種材料の超音波接合や層状・カゴ状物質の創成に関する基調講演から,新規構造創成に向けた技術に関して細心の知見を得る.これらに加え,種々の材料におけるナノ・マイクロ構造体形成・特性・機能制御について引き続き情報交換し,これまでの議論を深化させることで,ナノ・マイクロスペーステイラリング技術やその機能制御の更なる発展につなげる.

テーマ責任者

(シンポジウム chair):

筑波大学数理物質系物質工学域准教授 谷本久典

E-mail: tanimoto[at]ims.tsukuba.ac.jp
※ メールアドレスの[at]は@に置き換えてください

(シンポジウム co-chairs):

東北大 森戸春彦 中村貴宏 大阪府立大 堀 史説

東北大 田中俊一郎

S6 材料技術史から見るこれからの技術展開Ⅲ―アルミニウム合金

Future growth expected from technological history of materials III ― Aluminum alloys

持続可能な社会の実現には,材料特性の向上だけではなく,高効率・低環境負荷プロセスの開発が必要であり,それらの新しいプロセスに適した合金開発や応用展開も期待される.これからの材料研究の新展開を考えるために,基調講演にて今までのプロセス研究や材料開発,特性向上の歴史を振り返るとともに,公募講演でこれから期待される新しいプロセスや材料開発,実用分野などについて議論する.第 1 回:チタン材料(2018年秋期),第 2 回:製錬およびリサイクル技術(2019年春期)に続き,第 3 回目として,多くの関係企業が立地する富山県での学会開催に合わせて『アルミニウム合金』の技術史と今後の展望について議論する.

テーマ責任者

(シンポジウム chair):

物質・材料研究機構主幹研究員 戸田佳明

E-mail: TODA.Yoshiaki[at]nims.go.jp
※ メールアドレスの[at]は@に置き換えてください

(シンポジウム co-chairs):

横国大 廣澤渉一 奈良女子大 松岡由貴 東京海洋大 盛田元彰

愛知教育大 北村一浩

S7 超高温材料の科学技術I

Science and Technology of Ultra-High Temperature Materials

高融点金属やその金属間化合物,耐熱セラミックス,さらにそれらをベースとした複合材料などのいわゆる「超高温材料」は,極限耐環境性能が求められる究極の材料システムの一つである.それ故に超高温材料は,未来の高効率エネルギー変換や宇宙航空技術の鍵を握る.そこで本シンポジウムでは,学協会の壁を越え,超高温材料の合成や材料プロセス,原子からミクロ構造,材料特性,さらに超高温環境下での材料特性測定・計測・評価方法等について,実験・理論・計算研究からの多角的視点で課題を洗い出し,その解決策と特性や現象の解明について議論する場を創成する.また,求められる出口特性の明確化や,新規超高温材料システムの創造にも議論を広げることによって,「超高温科学」を創成し体系化するための礎となる材料科学を,日本金属学会を中心に他の学協会にも協力を要請しながら展開していく.

テーマ責任者

(シンポジウム chair):

東北大学大学院工学研究科教授 吉見享祐

E-mail: yoshimi[at]material.tohoku.ac.jp
※ メールアドレスの[at]は@に置き換えてください

(シンポジウム co-chairs):

東北大 福山博之 物材機構 下田一哉 熊本大 連川貞弘

東北大 関戸信彰

▲TOPへ