第8分科(構造材料)

1.分科概要

各種実用構造材料や先進構造材料の変形・強化・高靭化・耐食機構等の解析と体系化、ナノからマクロのマルチスケールにおける耐環境性能に対する評価手法の開発、またそれらに基づいた材料設計に関する議論を展開する。産官学の連携を促進し、ものづくりの基盤形成の一翼を担う。

2.活動方針

当該分野の調査・研究対象の確認、講演大会におけるプログラム編成ならびに概要査読体制の確立、ポスター発表審査員リストの作成、分科主導で実施する予定の企画・公募シンポジウムの素案の作成などを行う。

3.活動概要

メンバー間の交流を促進し、多角的視点から分野の活性化を図るため、年3回程度の会合の場を設ける。春秋期大会期間中の定例会議に加えて、1日会合の場を別途設け、分野の課題を洗い出すと共に上記の活動方針の内容を議論する。

4.委員名簿

No.氏名所属分科役職
1吉見 享祐東北大学委員長