S3 金属間化合物材料の新たな可能性(1)
S3 New Perspectives in Structural and Functional Intermetallics Alloys(1)
E 会 場 自然科学大講義棟1階
座長 乾 晴行 (10:00~12:00)
S3・1.  基調講演
電子論に基づく熱力学物性値の状態図計算への応用(30)
  東北大多元研 大谷 博司
S3・2.  基調講演
電子構造に基づく相安定性、相平衡及び物理特性の第一原理モデリング(30)
  東北大工 陳 迎 Arkapol SAENGDEEJING 毛利 哲雄 
事業構想大学院大 岩田 修一
S3・3.  TiAl基合金のβ/α/γ相間の相安定性に及ぼすNbとVの複合添加の影響(15)
  東工大(院生) 臼井 慎 中島 広豊 
東工大理工 竹山 雅夫
S3・4.  Ti-Al-Nb3元系のβ/α/α2/γ相間における実験及び計算状態図(15)
  東工大(院生) 中島 広豊 
材料設計技術研 橋本 清 
東工大理工 竹山 雅夫
――昼  食――
座長 竹山 雅夫 (13:00~14:10)
S3・5.  基調講演
第一原理統計熱力学に基づいた合金の構造・相安定性の理論計算(30)
  京大工 弓削 是貴
S3・6.  高Nb側組成域のNb-Mo-Si-B四元系状態図の決定(10)
  北大院工(院生) 山野内 拓也 
北大院工 三浦 誠司
S3・7.  Half-Heusler 型熱電材料(Ti, Zr)NiSn の相平衡(10)
  東工大総理工(院生) 内田 幸宏 
東工大総理工 木村 好里 
JSTALCA研究員 Chai Yaw-Wang
――10分休憩――
座長 岡本 範彦 (14:20~15:35)
S3・8.  基調講演
規則相が整合析出したNi基三元合金の微細組織形態(30)
  名工大 小坂井 孝生
S3・9.  Ni3Vの組織形成に及ぼす(非)化学量論組成とボロン添加の効果(15)
  大阪府立大工(院生) 藤岡 功気 
大阪府立大工 金野 泰幸 高杉 隆幸
S3・10.  (Al,Ga)rich Ti-(Al,Ga)合金における長周期規則相の形成(10)
  阪大工 當代 光陽 中野 貴由
――10分休憩――
座長 高田 尚記 (15:45~16:55)
S3・11.  耐熱耐摩耗Ni基金属間化合物コーティングの作製と特性評価(15)
  大阪府立大院工(院生) 黒栁 尚隆 
大阪府立大院工 金野 泰幸 沼倉 宏 高杉 隆幸 
近大理工 沖 幸男
S3・12.  耐摩耗性を指向したNi基超々合金の合金設計(15)
  大阪府立大院工 金野 泰幸 
大阪府立大(院生, 現:新日鉄住金) 石井 誠也 
大阪府立大院工 高杉 隆幸
S3・13.  Al、Si、Crのホウ化物の水潤滑特性(10)
  産総研 村上 敬 松崎 邦男 
京大工 乾 晴行
S3・14.  AIH-FPPを用いた炭素鋼表面の金属間化合物化(10)
  慶應大(院生) 竹嶋 隼人 
慶應大 小茂鳥 潤 
オーエスジー 村澤 功基