2011年秋期講演大会公募シンポジウムテーマ提案募集

提案期限:2010年12月1日(水) 期日厳守

(提案時期が早くなっております.ご熟読の上,ご応募ください.)
提案書様式はこちらよりダウンロードして下さい

 会員の研究活動の一層の活性化を図ることを目的として,会員の公募テーマによるシンポジウム講演を実施しております.活発な討論が期待できる有益なテーマを積極的にご提案ください.
 2011年秋期大会は沖縄で開催いたしますが,従来の大会スタイルとは違った新しい講演大会のあり方を検討するための試行を下記の要領で実施いたします.

【募集対象の大会】
 2011年秋期大会(沖縄)

【テーマ提案にあたっての注意】

(1)講演大会委員会において公募シンポジウムテーマを採択します.
(2)一般講演と関連する公募シンポジウムテーマが採択された場合は,一般講演の関連セッションは設けません.
(3)講演申込多数の場合は,一部の申込をポスターセッションへ移動して頂く場合もあります.
(4)講演プログラムテーマ責任者はプログラム原案を作成し,講演大会委員会へ提出する.
【提案要領】
(1)公募テーマの特色
 境界領域を取り込むもの,最新の情報を含むもの,適時な討論展開ができるもの.一般会員,若手・中堅研究者の,斬新なアイディアによる提案を期待する.また,これまでの金属学会になかったテーマを歓迎する.一つのシンポジウムの講演件数は10件以上あること.
(2)テーマ責任者
 採択された場合,提案者(企画責任者)はテーマ責任者として,積極的に講演募集を行い,また講演プログラムを編成する.
テーマ責任者は会員であること.
テーマ責任者名称:企画責任者(シンポジウム chair),テーマ責任者(シンポジウム co-chair)
分科会委員が入っている事(問合せ下さい).
テーマ責任者は複数テーマを兼務しない.
(3)講演の種類:基調講演と応募講演
(4)提案書の内容
 ①テーマ,②テーマ英語名,③趣旨,④基調講演の予定講演者,⑤関連セッション,⑥提案者所属・役職/氏名,⑦通信先住所・TEL,E-mail
(5)提案書送付先:下記宛て E-mail で送付してください.2, 3 日過ぎても受理返信通知のない場合はご連絡ください.
(6)テーマの選定:講演大会委員会で選定し,結果は提案者に通知します.
(7)採択テーマの告知と講演募集:「まてりあ」4 号2011年秋期大会講演募集会告ならびに本会ホームページで行う.
(8)講演申込締切日2011年 6 月20日予定
(9)講演時間:応募講演:15〜25分(+討論時間 5〜10分=合計20〜35分)
      基調講演:30分(+討論時間10分=合計40分)
(10)講演概要原稿分量:1/2頁*注:現在,カラー図面および原稿分量の増加に対応するため,講演概要集の CD 化について,検討しております.決定次第,HP 上でご連絡いたします.(応募講演,基調講演とも)
[参考]2010年秋期大会における公募テーマ
  S1量子ビームによる材料科学の新展開-物質ダイナミックス解析と非平衡材料創製
  S2変位型相変態の先端材料科学I
  S3次世代 LSI 用 Cu 配線の低抵抗率化・高信頼化技術
  S4励起反応場で創成した低次元ナノ材料とその機能
  S5金属間化合物材料の新たな可能性
  S6希土類金属添加マグネシウム合金の材料科学
  S7原子力材料開発における高速中性子照射研究の役割
問合・照会先 E-mail: stevent@jim.or.jp
TEL 022-223-3685 FAX 022-223-6312
日本金属学会分科会委員会宛