3 月 22 日


B 会 場  52号館 1 階

S2 ハーモニックバイオマテリアル
―界面制御型生体調和材料創製の可能性― (2)
Harmonic Biomaterials―Development of Biocompatible Materials with Well-Designed Interface and Structure―

 座 長 山下 仁大 (9 : 00〜10 : 10)

S2・14 ジルコニアセラミックスの生体内安定性に及ぼす陽イオン添加の影響(15)

大阪府大院工 ○瀧川順庸 (院生) 中 公寿 院工 東 健司

S2・15 リン酸カルシウム薄膜の合成と評価(10)

京都工芸繊維大工芸(院生) ○高田美佳 太田光彦
大阪府立大工 中平 敦

S2・16 レーザーアブレーション法により作製した生体アパタイト薄膜の生体適合性評価(15)

大阪歯科大 ○橋本典也
樋口裕一 小正 裕 岡崎定司 中村正明
近畿大生物理工 西川博昭 楠 正暢 本津茂樹

S2・17 ACP 系生体材料の合成と構造評価(10)

京都工芸繊維大 ○太田光彦 産総研 伊藤敦夫
大阪府立大 中平 敦

― 10 分 休 憩 ―

 座 長 塙  隆夫 (10 : 20〜12 : 20)

S2・18 基調講演 金属系バイオマテリアルの現状,課題と他種材料との融合調和の必要性(30)

東北大金研 新家光雄

S2・19 基調講演 バイオインターフェイスを制御するベクトルマテリアル(30)

東医歯大生材研 山下仁大

S2・20 基調講演 原子団の傾斜型位置制御を基盤とした新規ポリマーバイオマテリアル創製(30)

東大院工 石原一彦

― 昼   食 ―

 座 長 新家 光雄 (13 : 15〜14 : 35)

S2・21 基調講演 骨置換材料の現況と展望(30)

京都大医 中村孝志

S2・22 基調講演 マテリアル/生体インターメカニクス(30)

東大生研 吉川暢宏

― 10 分 休 憩 ―

 座 長 石原 一彦 (14 : 45〜16 : 10)

S2・23 新しい分子間相互作用の制御法を駆使したバイオマテリアル創製(10)

東医歯大生材研 ○岸田晶夫 木村 剛
循環器セ 古園 勉 岡山大環境 吉澤秀和

S2・24 先端医療を支える DDS バイオマテリアルの重要性(20)

京大再生研 田畑泰彦

S2・25 ナノ接合を可能とするコアシェル型粒子からなるアットインキュベータの開発(20)

慶應大理工 ○藤本啓二 足立智子

S2・26 β-FeOOH 微粒子内包型高分子ミセルの MRI 用造影剤としての応用:がん早期発見に向けて(15)

東大工(院生) ○熊谷康顕 山崎裕一 片岡一則
東大医 関野正樹 上野照剛
東京医科歯科大医 今井 豊 金子英司 下門顕太郎

― 10 分 休 憩 ―

 座 長 吉川 暢宏 (16 : 20〜17 : 15)

S2・27 骨髄骨の高分解能イメージベース・バイオメカニクス・シミュレーション(15)

立命館大理工 ○高野直樹
JST CREST 櫛田慶幸 山東 篤
立命館大理工(院生) 榎元孝俊 阪大工 中野貴由 馬越佑吉 岡山大医歯 山本敏男 河井まりこ

S2・28 ハイドロゲル内細胞の 3 次元マニピュレーション(10)

阪大歯 松本卓也

S2・29 海綿骨欠損内における骨組織構造の形成に及ぼす力学的因子の影響(15)

京大工 ○安達泰治 北條正樹
神戸大自然科学 児山欣典 冨田佳宏