9 月 16 日


K 会 場  総合教育研究棟 2 階

S3 多機能ポーラス材料の新たな展開 (1)
Recent Development on Multifunctional Porous Materials

 座 長 三好 鉄二 (13 : 00〜14 : 55)

S3・1 基調講演 ロータス型ポーラス金属の製造技術の現状と展望(30)

阪大産研 ○中嶋英雄 玄丞均 多根正和 鈴木進補

S3・2 連続鋳造法を用いたロータス型ポーラスマグネシウムの作製(15)

阪大産研 ○玄丞均 鈴木進補 中嶋英雄

S3・3 連続鋳造法を用いたロータス型ポーラスアルミニウム合金の作製(10)

阪大工(院生) ○朴宰成
産研 玄丞均 鈴木進補 中嶋英雄

S3・4 水モデルによる気泡安定性の検討(15)

早大理工(院生) ○田山光風  門井浩太 理工 中江秀雄

S3・5 発泡アルミニウム製造における冷却過程での液相の排水機構(15)

早大理工(院生) ○門井浩太 理工 中江秀雄

― 15 分 休 憩 ―

 座 長 鈴木 進補 (15 : 10〜16 : 55)

S3・6 基調講演 ポーラス金属製造技術の現状と今後の展開(30)

名大工 金武直幸

S3・7 異種合金混合切削屑を原料とするポーラスアルミニウムの発泡特性(15)

名大工 ○小橋 眞 (院生) 津田智司
工 金武直幸

S3・8 切削チッププリカーサを用いたポーラスマグネシウムの発泡特性(10)

名大工(院生) ○前原一仁
工 小橋 眞 金武直幸

S3・9 放電プラズマ焼結法を利用したフォーム材の製造と発泡助剤粒径の影響(10)

長岡高専(学生) ○牛腸 彰
長岡高専 青柳成俊 シンターランド 竹井進一 佐藤智宏
長岡技科大 鎌土重晴 小島 陽

S3・10 The Effect of Calcium Carbonate Foaming Agent on Structure and Energy Management of High Strength Al-Zn-Mg Foam(10)

IMRAM, Tohoku Univ. ○Svyatoslav GNYLOSKURENKO
Takashi NAKAMURA
IPM NAS Ukraine Aleksandra BYAKOVA
Aleksander SIRKO Yurii MILMAN