日 本 金 属 学 会 会 報

ま て り あ

2008 Vol.47 No.5
Materia Japan


巻頭言

会長就任のご挨拶
森永正彦 231


紹介

2008年度役員一覧 233
2008年度会長,副会長,理事,監事,評議員一覧 234
新名誉員 235
新顧問 235
2008年度各種委員会委員長,副委員長 235


学会賞受賞記念講演

セラミックス研究のことども
佐久間健人 236

セラミックスの強度,靱性および延性の向上に向けた材料開発.粒界量子設計という新しい概念の提示.


本多記念講演

医療用チタン合金の材料特性
花田修治 242

チタン合金製インプラントに求められる低ヤング率と高強度は,合金組成の最適化と加工プロセスの制御によりどこまで達成できるかについて紹介.


最近の研究

新しい積層構造を用いた超高密度垂直記録媒体
島津武仁 青井 基 北上 修 249

新しい積層構造を用いた垂直磁気記録媒体の高記録密度ポテンシャルについて理論計算と実験結果をもとに紹介.


講義ノート

材料強度学とその周辺I―ひずみ・応力と線形弾性論―
加藤雅治 256

応力,ひずみ,線形弾性論などの基礎を学び,大変形理論と微小変形理論の違いについても理解を深めよう.


はばたく

生体材料分野への挑戦
堤 祐介 262


本会記事

会告 263
支部行事 264
企業求人情報 264
掲示板 265
2008年秋期(第143回)大会講演募集 266
会誌・欧文誌 5 号目次 273
新入会員 275
2008年度支部長,専任・常任理事幹事ならびに支部事務所 276
平成19年度事業報告 277
平成19年度収支決算報告 282
平成20年度事業計画 286
平成20年度収支予算計画 288
行事カレンダー 289
次号予告 292
書評 292
出版案内 巻末