日 本 金 属 学 会 会 報

ま て り あ

2006 Vol.45 No.9
Materia Japan


ミニ特集「超塑性の最新の動向」

企画にあたって
山本剛久 639
セラミック材料における高速超塑性
平賀啓二郎 金 炳男 森田孝治 吉田英弘 鈴木 達 目 義雄 640
多結晶体の粒界ネットワークダイナミクス―超塑性・粒成長・焼結―
若井史博 644
金属材料の組織制御と超塑性―最近の結果を中心として―
本橋嘉信 伊藤吾朗 648
ポーラス材料への超塑性加工の展開
北薗幸一 佐藤英一 653


解説

キャビテーション・ピーニングによる金属材料の表面改質
祖山 均 657

ショットなしで,キャビテーション気泡でピーニング.軽金属材料から浸炭材料まで種々の金属材料の疲労強度向上に成功!


最近の研究

フェライトの高周波誘導加温を用いた肝癌焼灼療法の開発―医理工連携による試み―
猶原 隆 青野宏通 平澤英之 前原常弘 渡部祐司 664

新しい肝癌治療法の確立を目指す,医理工連携のプロジェクト研究を紹介.フェライトを高周波誘導加熱することで腫瘍の焼灼が可能!!
原子レベルシミュレーションによる熱伝導度計算を通じた遮熱コーティングの新規材料設計
吉矢真人 670

計算材料科学的手法を応用した,従来の実験的手法では困難であった新規熱伝導度材料の材料設計に対する試みを紹介.


入門講座

Hume-Rothery 電子濃度則と複雑構造金属間化合物の相安定化機構(II)
―マフィンティンポテンシャルを使う線形化した第一原理バンド計算とは?―
水谷宇一郎 677

準結晶を始めとする複雑構造物質ではフェルミ準位直下に擬ギャップを形成して安定化を図っている.
擬ギャップ構造を定量的に論ずるために,第一原理バンド計算が不可欠である.
マフィンティンポテンシャルを使った線形化法の基礎を勉強する.


材料ニュース

水素検知器の国際標準化の背景 澤口直哉 申 ウソク 松原一郎 683


新技術・新製品裏話

開発裏話〜HOP を用いた炭化物自在制御技術による高強度・高靱性厚鋼板の開発〜
長尾彰英 大井健次 三田尾眞司 梶田恭之 杉岡正敏 684


はばたく

水素エネルギーの未来を信じて 梅田和巳 686


本会記事

会告 687
支部行事 689
共催行事 691
掲示板 691
新入会員 693
書評 693
会誌・欧文誌 9 号目次 694
次号予告 696
材料系学協会情報コーナー 696
行事カレンダー 697