日 本 金 属 学 会 会 報

ま て り あ

2005 Vol.44 No.9
Materia Japan


プロムナード

金属と機械の融合―材料強度と破壊の全体像的体系化研究― 横堀武夫 717

海外や国内での破壊研究に関する従来のパラダイムへの挑戦と,その科学的意義.何故,全体像的体系化研究が必要.その一環としての複雑系科学としての研究の意義.


解説

MgB2 の超伝導特性とその応用の可能性 村中隆弘 秋光 純 722

超伝導応用として今最も注目を集めている MgB2 について基礎と応用の解説.

高温材料ことはじめ 田中良平 729

18世紀初頭の蒸気機関はあり合わせの鋼でよかった.時代とともにニーズが高度化して高温材料はどう進歩したであろうか?

結晶 MgO をトンネル障壁に用いた磁気トンネル接合素子の巨大な室温 TMR 効果 湯浅新治 David D. Djayaprawira 734

従来の 3 倍を超える巨大な室温磁気抵抗を示す MgO 障壁トンネル素子を紹介.次世代の大容量 MRAM や超高密度ハードディスク用磁気ヘッドの中核技術.


最近の研究

新規な高輝度応力発光体・デバイスに関する研究開発 徐 超男 742

力を直接光に変換する「応力発光材料」を紹介,応力分布の可視化にも成功!

9Cr-ODS フェライト/マルテンサイト鋼のナノ・メゾスコピック組織制御 鵜飼重治 大塚智史 749

固溶・析出を利用した酸化物粒子のナノ化を母相の α/γ 変態を活用した結晶粒形態制御により,鉄鋼材料のナノマテリアル化を達成.

量子化伝導原子スイッチの開発 寺部一弥 長谷川 剛 中山知信 青野正和 757

新しい原理で動作する次世代ナノ電子デバイスとして,混合伝導体の固体電気化学的性質を利用した究極的に微細な“原子スイッチ”を開発


入門講座

透過電子顕微鏡 1.微細構造観察機能 進藤大輔 764

ナノマテリアルの評価に必須の実験手段である透過電子顕微鏡.その基本原理と共に,高分解能電子顕微鏡法などの微細構造観察機能を平易に紹介.


トピックス

マグネシウム合金製の燃料電池セパレータの開発 森 久史 道浦吉貞 喜多川眞好 辻村太郎 東 健司 768

燃料電池セパレータへのマグネシウム合金の適用を紹介.電池の軽量化への一つの方針を提示.


紹介

大阪市立工業研究所の金属系部門の研究動向 水内 潔 771


国際学会だより

Corrosion 2005 大村朋彦 772
国際溶射会議・ITSC2005 レポート 宮野泰征 大森 明 773


談話室

熱力学変数の関係に対する記憶図 小山敏幸 774
電子ジャーナルの利用について
 ―東北大学金属材料研究所のとりくみ―
小山佳一 775
セラミックスの自己き裂治癒 中尾 航 776


はばたく

時間を越えた微小重力実験 小畠秀和 777


本会記事

会告 778
支部行事 779
掲示板 781
新入会員 784
次号予告 784
会誌・欧文誌 9 号目次 785
材料系学協会情報コーナー 786
行事カレンダー 787