日 本 金 属 学 会 会 報

ま て り あ

2004 Vol.43 No.9
Materia Japan


最近の研究

原子間力顕微鏡による焼もどしマルテンサイトの組織解析 早川正夫 松岡三郎 717

  AFMの垂直分解能の良さを活した組織解析.真っ平らな電解研磨面で組織が見える.
  10nmのすべり段差が測定できる.


走査トンネル顕微鏡によるナノ構造の創製と解析 藤田大介 鷺坂恵介 大木泰造 724

  STMは単なる顕微鏡ではない!
  原子レベルでの創製・加工と機能物性探索を可能にする,ナノテクノロジーの基盤ツール.
  STMナノテクノロジーの最近の適用例を紹介.


鋼中不純物と急冷凝固組織 小林能直 長井 寿 730

  鋼中不純物を急冷凝固プロセスにより有効利用.
  逆転の発想で資源循環型社会構築への貢献を目指す.


ナノ磁性粒子の磁化反転機構 岡本 聡 菊池伸明 北上 修 島田 寛 737

  古くて新しい磁化反転.
  60年前に提出されたパラドックスが現在のナノテクノロジーと出会い,少しづつ分かってきた.


講義ノート

金属製錬工学IV―銅,チタン,亜鉛およびアルミニウム―
小野勝敏 744

  前回に述べた金属製錬プロセスの物理化学的分類にしたがい,それぞれを代表して銅,チタン,亜鉛およびアルミニウム製錬の内容を基礎的に要約.


入門講座

有機ELディスプレイの大型化 辻村隆俊 752

  高品位,軽量な真の壁掛けテレビを実現する可能性を秘めた,液晶,プラズマに代わる新しいディスプレイ.


新進気鋭

セラミックス高温変形への原子論的アプローチと将来の研究展望
吉田英弘 761

  粒界の化学結合状態に着目することで,Al2O3やTZPにおいて様々な高温変形特性を発現させることが可能になる.
  その原子論的アプローチと今後の展開を紹介.


百面相を持つ材料組織に惹かれて
小林千悟 766

  「材料組織」の美しさに魅了された一人の研究者について紹介.


材料ニュース

低電流スピン注入磁化反転 猪俣浩一郎 770

大容量MRAM開発をはじめスピントロニクスのキー技術であるスピン注入磁化反転を低電流密度で実現.


紹  介

高効率エネルギー変換システム構築に向けた材料開発―エネルギー変換マテリアル研究センターの紹介―
坂口紀史 772


談話室

日本人 自信を持つべき 藤森宏高 773
カザフスタンを訪ねて 藤田明次 774
素材の海外調達 納富 啓 775
学生実験「粘度の測定」 大参達也 776


はばたく

6年間の研究生活を通して 上田光敏 777
研究と出会い 小嶋理恵 778
これまでの歩みをステップに 宮本光貴 779


本会記事

会告 780
支部行事 781
掲示板 784
書 評 787
会誌・欧文誌9号目次 788
新入会員 790
材料系学会情報コーナー 790
「まてりあ」次号予告 790
行事カレンダー 791
「まてりあ」へのご寄稿について 798