日 本 金 属 学 会 会 報

ま て り あ

2004 Vol.43 No.7
Materia Japan


プロムナード

チタンアートへの期待 栃久保 操 565

チタンアートに魅了した画家と企業との出会い,製作展開までを紹介.「絵描きのたわごと」も絡め未来への期待と夢を語る.

解 説

永久磁石を使用したアンジュレータ(高輝度放射光発生装置) 北村英男 569

現代科学の最重要ツールである放射光アンジュレータ.
その主要構成材料であるネオジム型永久磁石についてその魅力と今後の展開について紹介.
超伝導も良いが冷やした永久磁石はもっと素敵かも!!

最近の研究

二原子分子COをプローブとして見たfcc-Fe薄膜表面 和田山智正 578

電子やイオンではなく,分子をプローブとして振動状態を調べることを通して見えてくるfcc-Fe薄膜の表面構造を紹介.

レーザーCVDによる高速熱遮蔽コーティング 後藤 孝 585

レーザーCVDを用いてガスタービンブレードへの熱遮蔽コーティングを行う.
ナノポア導入による熱伝導度の大幅な低減が可能.

摩擦撹拌プロセスを利用したアルミニウム合金の組織制御
斎藤尚文 権 湧宰 重松一典 592

金属材料の新しい組織制御技術として注目されている摩擦撹拌プロセスについて,原理およびアルミニウム合金への適用例を紹介する.


講義ノート

金属製錬工学 II―エネルギー変換から見た金属製錬プロセス―
小野勝敏 598

金属製錬工学の専門分野は可逆過程の熱力学を修得することから始まる.
金属製錬はいかなる形態の反応に立脚しているのか.
とくにエネルギー変換の応用について解説

実学講座

ベンチャー起業(2):開発ベンチャーのすすめ 出川 通 604

技術の実用化のために,開発ベンチャーが期待されている.
この背景と実際の課題・設立の具体的プロセスを紹介する.

トピックス

宇宙機搭載用マイクロチャンネル型ヒートシンクの製造技術 小谷政規 609

衛星の進化を支える熱管理技術では,高い精密加工技術が必要とされている.

談話室

困った時の異分野技術 土井俊哉 612
スウェーデン滞在記 阿部太一 613
非破壊評価の可能性への挑戦 志波光晴 614
電子教材開発と著作権 中山則昭 615

はばたく

繰り込みポテンシャルを用いた格子モデルによる計算状態図の絶対値算定
佐原亮二 616
動機を大切に 武田淳仁 617
私の履歴書 中島謙一 618

本会記事

会告 619
支部行事 620
共催行事 621
掲示板 621
会誌・欧文誌7号目次 622
新入会員 625
「まてりあ」次号予告 627
材料系学会情報コーナー 627
行事カレンダー 628