日 本 金 属 学 会 会 報

ま て り あ

2003 Vol.42 No.1
Materia Japan


巻頭言

年頭のご挨拶 山口正治 1


小特集「表面分析法の標準化」

表面分析法の標準化の現状 吉原一紘 3
電子分光法の標準化 田沼繁夫 4
深さ方向分析法の標準化 鈴木峰晴 8
二次イオン質量分析法の標準化 本間芳和 12
グロー放電分析法の特徴と国際標準化 鈴木 茂 柿田和俊 我妻和明 16
全反射蛍光 X 線分析法の標準化 合志陽一 20
EPMA, AEM, SEM における国際規格化
小林 尚 村山順一郎 丹羽直昌 大堀謙一 日野谷重晴 斉藤昌樹 24
表面分析法の標準化―データ処理法の標準化― 古川洋一郎 29
表面分析関連標準物質開発の計画と現状 小島勇夫 33


解 説

粉体加工によるバルクナノ結晶の材料科学技術 木村 博 37

三位一体の非平衡固相システムにより,‘ナノマテリアルの密林’を切り拓く.


最近の研究

樹脂材料軸受のエネルギー機器への適用 タン トロン ロン 木本淳志 宇野修悦 45

樹脂材料軸受のエネルギー機器への適用事例を紹介.

有機-無機複合生体材料への絹の利用 玉田 靖 52

着物だけじゃない! 古くて新しい材料,絹の新用途への可能性を紹介します.絹は骨と結合することができるか?


新技術・新製品

長寿命・高精度の高温耐食隔膜式発信器の開発 石山新太郎 58
シランカップリング剤を利用したクロメート処理代替 Zn-Ni-シリカ/ハイブリッドコーディングの開発
平松 実 日野 実 金谷輝人 61
陽電子消滅法による原子炉材料劣化評価技術の開発 鹿野文寿 河合昭雄 64
微細粒子による溶接熱影響部の組織微細化技術『HTUFF』を適用した厚鋼板の開発
児島明彦 植森龍治 皆川昌紀 星野 学 市川和利 67
ナノサイズの析出物で強化した熱延高張力鋼板 780 MPa 級 NANO ハイテンの開発
冨田邦和 船川義正 塩崎 毅 前田英司 山本徹夫 70
建材用高耐食新防錆鋼板「スーパージーニアス」の開発
山地隆文 松崎 晃 山下正明 間島康弘 石川博司 73
機械接合が可能な 980 MPa 級超高強度冷延鋼板の開発 長谷川浩平 占部俊明 山崎喜政 吉武明英 細谷佳弘 76


談話室

ものづくり教育と鋳物体験学習 平塚貞人 79


はばたく

計算機シミュレーションのリアリティ 大出真知子 80


本会記事

会告 81
支部行事 84
掲示板 85
「まてりあ」次号予告 86
新入会員 87
行事カレンダー 88
会報編集委員一覧 91
 (教官公募記事への申込みは editab@jim.or.jp まで)