医療用金属材料概論


平成22年2月26日発行

体  裁 A5版 278ページ カラー頁あり
定  価 2,500円(税込)会員価格 2,000円(税込)+送料430円
編  者 塙 隆夫
申込方法 こちらをご覧下さい
目次はこちらです

医療用金属材料のすべてがわかる!


◇ 医学と金属の接点を明快に解説
◇ 材料の開発、特性、問題点、評価法を網羅した待望の一冊
◇ 医療用材料を学ぶ工学系学生・研究者必携の書
 医療における診断と治療には多くの材料が使用されており,特に歯科や整形外科では,材料の進歩が治療技術の進歩をもたらしてきたといっても過言ではない.最近では,循環器科におけるステントや脳神経外科における脳動脈瘤クリップなど,その用途はますます広がっている.体内埋入部材の約80%が金属製であることからも,金属材料が医療において極めて重要な役割を果たしていることは明白である.本書は,読者が医療用金属材料に関する必須事項を習得し,また発展的に応用展開できる知識を身に付けることができるように編集したものであり,金属工学の基礎を学んだ材料工学を専門とする学生,大学院生,技術者などで,医療用金属材料に関する知識を必要としている方々を対象としている.本書では,医療用に使用されている金属材料の具体例を示しながら,その必要性と今後の課題を解りやすく紹介している.
表紙

◆第1章◆医療用金属材料の特色と現状
(塙隆夫)
◆第2章◆金属材料の医療用途
(伊東学・岸田晶夫・米山隆之)
◆第3章◆医療における金属材料の問題点
(伊東学・山本徹・塙隆夫・高田雄京・新家光雄)
◆第4章◆医療用金属材料
(成島尚之・新家光雄・千葉晶彦・野村直之・細田秀樹・高田雄京・中野貴由)
◆第5章◆表面処理・多孔質化
(塙隆夫・成島尚之・野村直之)
◆第6章◆生体環境での性質と評価法
(中野貴由・堤祐介・廣本祥子・塙隆夫・山本玲子・大家渓・永井亜希子)