2018年春期講演大会公募シンポジウムテーマ要旨

春期講演大会(千葉工業大学)におけるテーマ公募によるシンポジウム講演は,下記 7 テーマで実施することになりました. 講演申込要領は前記のとおりです.多数の有益な講演と活発な討論を期待いたします.

S1 プラストンの材料科学V

Materials Science on Plaston V

「転位論」は材料科学・工学における重要な学問基盤であり,金属系結晶材料の変形は転位(dislocation)の運動により議論される. 一方近年,転位の概念だけでは必ずしも理解しきれない変形現象が顕在化しつつある. 例えば,ナノ結晶材料においては複数の結晶粒の協調的なせん断や回転が生じている可能性がある. また,原子のシャフリングを必要とする六方晶,あるいは複雑な規則相における双晶変形の原子的メカニズムや,せん断帯,粒界すべり,アモルファス・金属ガラスの変形,マルテンサイト変態もこの範疇に入る. 我々は,転位や回位(disclination)を内包し結晶性材料の変形現象を包括的に理解する上位概念として, 変形子(プラストン:plaston)を提案し,それに基づいて材料の変形と破壊を基礎的に理解しようとしている. 本公募シンポジウムは,過去4 回の公募シンポジウムに引き続き,プラストンに関する理解の進展を議論することを目的としている.

テーマ責任者

(シンポジウム chair):

京都大学大学院工学研究科教授 辻 伸泰

E-mail: nobuhiro-tsuji@mtl.kyoto-u.ac.jp

(シンポジウム co-chairs):

京大 田中 功 乾 晴行 九大 津崎兼彰 東大 幾原雄一
阪大 尾方成信 京大名誉教授落 合庄治郎

S2 医療・福祉のためのAdditive Manufacturingの材料科学II

 Materials science of additive manufacturing for biomedical and welfare applications (part II)

Additive Manufacturing(AM)による医療・福祉デバイスの研究開発は,テーラーメード医療を実践する上で必要不可欠となっている. 材料科学の観点からAM を議論するには,急温度勾配下における溶融凝固に起因した特異組織形成への理解や,粉末冶金プロセスに起因した粉粒体の流動性や粒度分布,不純物混入等を考慮しAM 造形物の特性を評価する必要がある. 一方で,医療の観点からはAM は形状により機能発現する複雑形状デバイスに適用されることが多く,生体適合性に加え基礎的な力学特性評価や耐食性など数多くの検討事項が存在しており,国内外の学協会でAM に関する研究発表が数多くなされている. 本シンポジウムでは,AM用の粉末製造や,AM による医療用デバイス製造と開発,評価に係る企業および大学の研究者に講演を依頼し,医療用AM の現状と将来展望について産学の研究者を交えて緊密に議論する場としたい.

テーマ責任者

(シンポジウム chair):

東北大学大学院工学研究科准教授 野村直之

E-mail: nnomura@material.tohoku.ac.jp

(シンポジウム co-chairs):

阪大 中野貴由 東北大 成島尚之 愛媛大 小林千悟
関西大 上田正人 名大 黒田健介 東京医歯大 堤 祐介

S3 金属表面の材料化学―めっき・耐食性・耐酸化性・触媒研究の新展開―

Materials Science in Surface Chemistry on Metals

金属表面と溶液や気体などとの化学反応は,めっき,化成処理,腐食,高温酸化,触媒などの分野で重要な研究対象となっている. また,表面化学反応を積極的に利用したナノポーラス材料などの開発も活発化している. しかし,金属と溶液・気体との化学反応の本質にせまるためには,その場解析が不可欠であるが空間・時間分解能や分析精度などには制約がある. しかも,不均一反応であるため理論的な取り扱いも発展途上にある. 反応起点や律速段階の学理の深化には課題が多く,関連分野の研究者および企業での開発者が一同に会して問題点を抽出・議論することが必要な時期にきている. 本シンポジウムでは金属表面の化学に関して,主にめっき・触媒・耐食性・耐酸化性の分野から講演を募り,研究者間での意見・情報交換,討論を行う.

テーマ責任者

(シンポジウム chair):

東北大学大学院工学研究科教授 武藤 泉

E-mail: mutoi@material.tohoku.ac.jp

(シンポジウム co-chairs):

兵庫県立大 八重真治 工大 小林能直
NIMS 西村 睦 廣本祥子

S4 照射欠陥形成制御機構の解明と耐照射性材料開発への新展開

New era of radiation tolerant materials R&D based on the mechanisms controlling radiation-induced defect production

本シンポジウムは,高エネルギー環境で使用される材料の研究開発に携わってきた研究者が抱いている材料の損傷,腐食,脆化などについて基本的かつ根本的な疑問,懸念および問題点などを学術的に十分議論するための場とし,特に,これまで得られた材料照射データベースに基づき,格子欠陥や照射損傷組織形成過程,またそれらが力学的性質や物理的・化学的性質に及ぼす影響,さらに照射環境因子(雰囲気,圧力,温度,磁場,電場など)の影響について,より基礎的な視点から検討する. 具体的には,先ず,現存の原子炉及び現在開発段階にある先進炉や核融合炉について,それぞれの発電規模,環境,熱負荷,エネルギーレベルなどの違いを再確認し,これまでの開発研究状況と材料課題を整理する. 次にこれを踏まえ,耐照射性材料研究の現在の位置づけと将来への方向性を研究者間で共有し,原子力新時代へ向けた材料開発研究の新たな展開へのステップとしたい.

テーマ責任者

(シンポジウム chair):

北海道大学工学研究院教授 橋本直幸

E-mail: hasimoto@eng.hokudai.ac.jp

(シンポジウム co-chairs):

京大 笠田竜太 東北大 永井康介 東大 阿部弘亨

S5 グリーンエネルギー材料のマルチスケール創製シンポジウムIII

Multiscale engineering of green energy materials III

本シンポジウムのテーマ責任者らは,2013年度より,5年間にわたってシンポジウムテーマと同名の研究会の活動を行い,材料科学,特に格子欠陥制御の立場から,長期的-短期的視野に立って太陽光発電や廃熱利用などの新規グリーンエネルギー変換システム用材料の創出と共に,超々臨界発電や超高温熱機関などの従来技術の高効率化を実現するための方策について,原子レベルから実寸レベルまで融合したマルチスケールで議論を行ってきた. 本公募シンポジウムでは,これまでの活動を総括するとともに,研究会メンバー以外にも広く参加いただき,新規グリーンエネルギー材料創製の設計原理の確立と新しい材料機能の発現に向けた新しい展開を図る場としたい.

テーマ責任者

(シンポジウム chair):

熊本大学大学院先端科学研究部教授 連川貞弘

E-mail: turekawa@kumamoto-u.ac.jp

(シンポジウム co-chairs):

東工大 木村好里 足利工大 小林重昭 東北大 関戸信彰
産総研 田中孝治 東工大 細田秀樹 東北大 吉見享祐

S6 ナノ・マイクロ造形構造体の材料学IV

Material Science in Nano/Micro-scale 3D Structures

高エネルギー粒子やレーザー光照射などの利用によりnm レベルの,3D プリンティングなどによりmm レベルの複雑形状構造体の形成が種々の材料で可能となってきている. いずれのスケールや材料種においても,構造体形成における核形成や成長などは基本的に不均質反応であり,非平衡状態が重要な役割を果たしている. 従来のスケールや材料種(結合形)の垣根を超えて,機構解明や組織制御,諸特性相関の把握を検討することで,例えばナノからマイクロスケールでシームレスに制御した高次複雑構造の形成も期待できる. そのためにも,ナノ・マイクロ造形構造体の作製技術や特性評価に関連する研究者・開発者が一同に会して議論することが必要である. 本シンポジウムではそのような場となるべく,主に材料学的な観点から,様々な手法により創成したnm~mm サイズの種々の造形構造体に関わる最近の成果及び問題点について議論する.

テーマ責任者

(シンポジウム chair):

筑波大学数理物質系物質工学域准教授 谷本久典

E-mail: tanimoto@ims.tsukuba.ac.jp

(シンポジウム co-chairs):

大阪府立大 岩瀬彰宏 阪大 山本孝夫 京大馬渕守
東北大 加藤秀実 中村貴宏 田中俊一郎

S7 ミルフィーユ構造の材料科学I

Materials Science of Mille-feuille Structure I

シンクロ型LPSO 構造の特徴は,硬質層と軟質層が周期的に積層しており,キンク変形により強化されることである. 最近,硬質層と軟質層の積層が周期性を持たなくても,キンク変形により強化されることが明らかにされた. このような層状構造をパイ生地層とクリーム層が積層したミルフィーユ洋菓子に例えて,「ミルフィーユ構造」と定義した. 回位ダイナミクスに基づく変形格子制御と強化原理を確立して,ミルフィーユ構造の構造制御と格子回転制御を行うことにより,従来の金属学の常識を覆す高強度・高延性構造材料の創製が可能となり,材料科学にブレイクスルーをもたらすことができると考えられる.

本シンポジウムでは,シンクロ型LPSO 構造を含めたミルフィーユ構造に関する講演を募集し,ミルフィーユ構造の構造制御と格子回転制御による高強度・高延性構造材料の創製の可能性について議論を深めることによって,ミルフィーユ構造の材料科学の発展を促したい.

テーマ責任者

(シンポジウム chair):

熊本大学教授 河村能人

E-mail: rivervil@gpo.kumamoto-u.ac.jp

(シンポジウム co-chairs):

熊本大 山崎倫昭 九大 中島英治 阪大 中谷彰宏
JAEA 相澤一也 北大 三浦誠司 東大 阿部英司

▲TOPへ