3月16日

格子欠陥・格子欠陥制御・プラストン(1)
Lattice Defects, Defect Control and Plastons(1)

A会場1号館 1階101号室

座長 田中 功(13:00~14:15)
14 FCC型高エントロピー合金CrMnFeCoNi単結晶の塑性変形(25+5)
招待講演
  • 京大工,ESISM○岡本 範彦
  • 京大工,ESISM乾 晴行
15 Mg中の<a>らせん転位の運動機構に関する原子論的解析
  • 阪大基礎工(院生)高橋 和平
  • 阪大基礎工○君塚 肇
  • 阪大基礎工石井 明男
  • 阪大基礎工,京大ESISM尾方 成信
16 NaClおよびAgClにおける刃状転位とらせん転位の転位コア構造に関する第一原理解析
  • 名古屋大工(院生)○浮田 昌也
  • 名古屋大工中村 篤人
  • 名古屋大工横井 達矢
  • 名古屋大工(現:京大)豊浦 和明
  • 名古屋大工松永 克志
17 FCC構造を有する非等原子量高エントロピー合金の強度と平均原子量の相関
  • 京大工(学生)○浅倉 誠仁
  • 京大工(院生)Chen ZHENGHAO
  • 京大工,ESISM岡本 範彦
  • 京大工弓削 是貴
  • 京大工,ESISM乾 晴行
休憩15分
座長 乾 晴行(14:30~15:45)
18 材料塑性に内在する雪崩的な集団挙動とその原子スケールダイナミクス(25+5)
招待講演
  • 金沢大理工○新山 友暁
  • 阪大基礎工譯田 真人
  • 阪大基礎工尾方 成信
  • 金沢大理工下川 智嗣
19 六方晶Tiの多様なすべり系の転位運動と酸素固溶の影響
  • 原子力機構,京都大学 ESISM○都留 智仁
  • 原子力機構板倉 充洋
  • UCバークレーD. C. Chrzan
20 原子論的解析に基づくkinetic Monte Carlo法を用いた鉄基合金中の転位運動の解析
  • 阪大基工(院生)○新里 秀平
  • 阪大基工譯田 真人
  • 阪大基工,京大尾方 成信
21 Mg-Y合金の室温力学特性に及ぼす結晶粒径の影響
  • 京大工(院生)○瓦田 一郎
  • 京大工Zheng Ruixiao
  • 京大工,ESISM柴田 曉伸
  • NIMS染川 英俊
  • ESISM,阪大基礎工尾方 成信
  • 京大工,ESISM辻 伸泰
休憩15分
座長 君塚 肇(16:00~17:30)
22 鉄鋼材料の疲労き裂進展に及ぼす固溶元素の役割(25+5)
招待講演
  • 九州大工小山 元道
23 調和組織材料の力学特性に及ぼすマクロ網目構造の役割
  • 立命大理工○飴山 惠
  • 立命大理工太田 美絵
  • 立命大理工(院生)中谷 仁
24 α―チタンにおける疲労亀裂進展挙動の温度依存性
  • 九州大工○田中 將己
  • 九州大工(院生)林 幸宏
  • 九州大工森川 龍哉
  • 九州大工 (現)佐世保高専東田 賢二
25 面欠陥とその会合部がナノ構造体の力学特性に及ぼす影響
  • 金沢大理工○下川 智嗣
  • 金沢大自然(院生)柳澤 郁弥
  • 金沢大理工新山 友暁
26 Work-hardening behavior of Fe-24Ni-0.3C metastable austenitic steel
  • Dept. of Materials Science and Engineering, Kyoto University○毛 文奇
  • Dept. of Materials Science and Engineering, Kyoto University高 斯
  • Dept. of Materials Science and Engineering, Kyoto University白 玉
  • Dept. of Materials Science and Engineering, Kyoto University,Elements Strategy Initiative for Structural Materials (ESISM), Kyoto University柴田 曉伸
  • Dept. of Materials Science and Engineering, Kyoto University,Elements Strategy Initiative for Structural Materials (ESISM), Kyoto University辻 伸泰

▲Page Top