2017年春期講演大会公募シンポジウムテーマ要旨

 春期講演大会(首都大学東京)におけるテーマ公募によるシンポジウム講演は,下記4テーマで実施することになりました. 講演申込要領は前記のとおりです.多数の有益な講演と活発な討論を期待いたします.

S1 永久磁石開発の元素戦略5―応用に向けた材料研究の課題―

Element strategy for high performance permanent magnets ― materials research toward application ―

 元素戦略の一つの重要課題として希少金属を使わない永久磁石材 料の開発が始まってすでに5 年が経過しようとしている.この間, Dy を削減するためのNd-Fe-B 系磁石の高保磁力化に関するサイ エンスと技術が発展し,Dy フリーネオジム磁石は一部で実用化さ れつつある.このような背景のもと,本シンポジウムでは希少元素 を用いない高性能磁石開発の可能性を検討するための実験研究に加 え,次世代の磁石を開発するための磁性理論,保磁力理論とマイク ロマグネティクシミュレーションなど理論的な研究発表を歓迎す る.また,Nd-Fe-B 系を含む希土類磁石の保磁力と微細構造の関 係を理解するための解析研究,さらに次世代高性能磁石開発のため のプロセス研究等の広範な磁石研究の発表と活発な討論を期待する.

テーマ責任者

(シンポジウム chair):

物質・材料研究機構磁性・スピントロニクス材料研究拠点長 宝野和博

E-mail: kazuhiro.hono@nims.go.jp

(シンポジウム co-chairs):

東北大 杉本 諭 NIMS 広沢 哲 日立金属 西内武司 トヨタ自動車 加藤 晃 東芝 堀内陽介 産総研 尾崎公洋

S2 ナノ・マイクロ造形構造体の材料学

Material Science in Nano/Micro-scale 3D Structures>

 複雑形状構造体への革新的ものづくり法として電子ビーム,レー ザー,イオンを用いた積層型造形が発表されて久しい.デバイスの 極小化に伴いmm からnm スケールにも展開が求められておりボト ムアップ的な「励起反応場」およびトップダウン的手法が候補概念 として提案できる.しかし材料学的には原子・分子規模の非平衡反 応,成長・造形機構解明や組織制御,残留応力緩和,諸特性相関の 把握など課題が多く,関連分野の研究者および企業での開発者が一 同に会して問題点を抽出・議論することが必要な時期にきている. 本シンポジウムでは励起反応場およびその他特異な手法を用いて創 成するmm からnm 規模の造形構造体に関わる最近の成果と問題点 を材料学的な観点から論じる.

テーマ責任者

(シンポジウム chair):

東北大学科学技術共同研究センター教授 田中俊一郎

E-mail: sitanaka@tagen.tohoku.ac.jp

(シンポジウム co-chairs):

大阪府立大 岩瀬彰宏 阪大 山本孝夫 東北大 中村貴宏 筑波大 谷本久典

S3 めっき膜の構造及び物性制御(Ⅶ)

Nano Plating

 めっき膜は溶液からの金属固体の形成である.それにもかかわら ず,これまでめっき膜の形成については主に溶液論的に考えられ, 金属学的見地がほとんど加味されていなかった.そのため,めっき 膜の形成は過電圧で制御されると言う電気化学的理論しかなく,そ の理論は現実には全くそぐうものではなかった.そのため,どのめ っき膜の形成も思考錯誤を強いられ,いわばローテクノロジーの印 象があった.しかし,これまで当学会でシンポジウムを重ねること によって金属学的な知見が加味され始め,その理論も確立されてき ている.
現在のエレクトロニクス機器の作製はめっき技術なくしてはあり 得なく,さらなる高精細化,高機能化,信頼性向上に貢献すべく, このシンポジウムを重ねている. 最近のシンポジウムで明らかになったことは,めっきをはじめ金 属腐食など,「全ての電気化学反応は発熱を伴っている」ことが分 かったことである.この事は大きな発見で,最近の電池の発火事故 の原因が明らかになったことである.などなど,本シンポジウムの 企画は今後とも引き続いて開催する必要性と重要性を切に感じてい る.

テーマ責任者

(シンポジウム chair):

ナノプレーティング研究所代表 渡辺 徹

E-mail: watanabe-tohru@w.email.ne.jp

(シンポジウム co-chairs):

兵庫県立大名誉教授 松田 均 広島工大 日野 実 日本エレクトロプレイティング・エンジニヤーズ 藤波知之 吉野電化工業 吉野正洋

S4 医療・福祉のためのAdditive Manufacturingの材料科学

Materials science in additive manufacturing for medical-and health-care

 超高齢社会を迎えた我が国では,傷病からの早期回復や生活の質 の向上を支える医療・福祉の重要性が増している.中でも,革命的 製造技術として発展するAdditive Manufacturing(AM)技術は,医 療・福祉を大きく進歩させる技術として強く期待されている.従来 の加工法では困難な複雑3 次元形状製造できることから,比較的 早くから,生体親和性向上のために最適設計された多孔質構造を有 するインプラント等の製造に実用化されている.また,CT,MRI 等の医療用3D データ等から鋳型の製造を介さずに部材を製造でき るため,テーラーメイド医療・福祉分野等での利用拡大が期待さ れ,個々の患者に最適化されたインプラントや義肢の製造,被術者 の臓器モデルによる手術支援等での活用が進む.さらには,細胞を 立体的に配置し,生体組織・臓器を再建する研究等も行われてい る.その一方で,特有のプロセスに由来した材料組織・特性の発現 機構解明とその制御による新材料創製の研究も進んでいる.本シン ポジウムでは,医療・福祉での活用が進むとともに新しい材料科学 創成の基盤としても注目されるAM 技術の現状と今後を議論する 場を提供する.

テーマ責任者

(シンポジウム chair):

東北大学金属材料研究所准教授 小泉雄一郎

E-mail: koizumi@imr.tohoku.ac.jp

(シンポジウム co-chairs):

阪大 中野貴由 東北大 成島尚之 愛媛大 小林千悟 関西大 上田正人 近畿大 仲井正昭