第42回公益社団法人日本金属学会技術開発賞「新技術・新製品」記事募集

応募締切:2018年10月31日(水)

[本賞の趣旨]

本会は創意あふれる開発研究を推奨する目的で,金属工業に関する独創性に富む新技術・新製品の技術開発に優れた実績を収めた技術者に対し,本賞を授賞するものである.

  • (注1)本賞は,日本金属学会会報「まてりあ」“新技術・新製品” の欄に掲載された記事が,選考対象となる.
  • (注2)本賞受賞業績は,日本学術振興会卓越研究成果公開事業/卓越研究データベース「発明と発見のデジタル博物館(http://dbnst.nii.ac.jp/)」に登録され,広く周知されます.
技術開発賞募集要綱
1. 賞の名称 第42回公益社団法人日本金属学会技術開発賞

2. 対象となる業績と区分など
(1) 次の部門およびそれらにまたがるものとする.
①材料基礎技術部門,②素材製造・評価技術部門,③素材応用技術部門,④新素材開発部門,⑤その他
(2) 評価は次の諸点について行われる.
① 独創性
② 技術,システムあるいは製品に関する有用な発明,考案,改良(有用性)
③ 技術上の問題解決に役立ち,あるいは新製品の開拓をさらに促す可能性(将来性)
④ 生産実績その他本賞に適当と思われる新技術・新製品の開発に優れた実績があるもの
(3) いわゆる「金属」のみでなく,その周辺の材料,たとえば燃料,耐火物,半導体,複合材料などに関するものでもよい.
(4) 応募の時点で,他の公募制の褒賞(発明協会賞,大河内賞など)を受けていない斬新な主題であることが望ましい.
3. 応募者の条件
(1) 1件につき10名以内のグループまたは個人
直接開発に関与した技術者であって,単なる職制上の管理者や代表者を含まないことが望ましい.
(2) 応募する時点で本会会員である必要はないが,本会会員となることが望まれる.
4. 選考
(1) 受賞者の選考は選考委員会で行う.選考委員は本会理事会が毎年選任し,会長が委嘱する.
(2) 理事会が授賞該当無しと認めた場合は,その年度は授賞しない.
(3) 選考に当たって,特許係争等が問題となった記事は授賞対象から除外する事がある.
5. 授賞
(1) 2019年6月末日までに受賞者を内定する.
(2) 2019年秋期講演大会において授賞する.
(3) 受賞者には賞状(全員)と副賞(1賞牌)が贈呈される.
6. 技術開発賞受賞記念講演
技術開発賞受賞をより意義深いものとするため,受賞記念講演をお願いする.
第42回の受賞記念講演は2019年秋期講演大会(岡山大学,9月予定)の折りに行います.
7. 受賞決定までの流れ
応募(10月31日締切) → 査読 → まてりあ掲載(58巻(2019年)1号から) → 選考・受賞決定(2019年6月) → 授賞(2019年9月)
まてりあ「新技術・新製品」記事への応募の方法
1. 応募・原稿締切
(1) 2018年10月31日(水)
(2) 申し込み受理順を参考に会報「まてりあ」に第1号から第3号まで掲載する.
2. 応募記事は編集委員会の査読を経て,日本金属学会会報「まてりあ」に掲載する.
掲載記事が技術開発賞の選考対象となる.
掲載が決まった場合には,240,000円(前維持員会社社員の場合は210,000円)の投稿料を納入すること.
ただし,掲載号1冊,掲載記事のPDFファイル,別刷100部を無料とする.
3. 応募記事の記述に当たっては,次の各項に留意されたい.
(1) 社名,商品名その他,商業用呼称を用いることは差し支えないが,その内容が一般に理解できるよう説明を付すこと.
(2) know-how に属する事項を記述する必要はないが,新技術・新製品の特色などが理解できるようなデータを含める.
(3) 現在までの実績,経済性,特許関係など「技術開発賞」選考に参考となる項目をなるべく含めること.
(4) 特許関係等についての記述は十分に注意すること.
4. 原稿作成について
(1) 原稿は本文,図(写真)および表を含めて刷り上がり3頁以内(約6,700字)とする.
(2) 原稿は図・表の説明を含めて全て日本語とする.物理量の単位はなるべくSI単位系による.
(3) 原稿はレイアウトの体裁にあわせて作成する.
(4) 応募はホームページからできます.
URL http://gijutsu.jim.or.jp/entry
ホームページから直接入力→Zip形式ファイルをアップロード→印刷(最後に要ご署名)→事務局に表紙をmail添付で送信→受付完了.
原稿:本文,図表,レイアウトを別に作成し,Zip形式でまとめる.
レイアウト用紙(ダウンロードできます)
② 図(写真)・表
  • ・図と写真は区別せず図1,図2…のように,表は,表1,表2…のようにそれぞれ通し番号とする.
  • ・写真にはスケールを入れる.
  • ・それぞれキャプションを付すること.
    (記述は横軸・縦軸・説明も含め日本語とする.)
  • ・カラー原稿にはカラー印刷の有無を必ず明記する.
  • ・カラー印刷は刷上り1頁:35,000円を著者が負担する.
5. 本会では,まてりあに掲載の著作物の著作権を本会に帰属させていただきます.
6. まてりあ一般記事の要領に従うこと.(まてりあ掲載「新技術・新製品」記事を参考にして下さい)
7. 提出資料 (mail to: E-mail:materia[at]jim.or.jp ※[at]はアットマークに置き換えてください。)
① 応募表紙(署名記入)
応募表紙は 入力画面から作成できます.
応募表紙はプリントアウトし,自署にてご署名の上,mail添付で送信下さい.
② レイアウトされた原稿
③ 本文テキスト
④ 図表原稿
◎ ②~④ のデータファイル(Zip 形式でアップロードして下さい.)
問合先 (公社)日本金属学会各賞係
TEL 022-223-3685 E-mail: gaffair[at]jim.or.jp
「新技術・新製品」記事の問合・送信先
まてりあ係 E-mail: materia[at]jim.or.jp
※[at]はアットマークに置き換えてください。