第76回功績賞,第57回谷川・ハリス賞,
第24回増本量賞,第59回技術賞,候補者推薦依頼

功績賞,谷川・ハリス賞,増本量賞,技術賞の各受賞候補者の推薦をお願いいたします. 本会では多数の優秀な候補者を表彰し奨学に資したいという考えから,広く一般会員からの推薦(3名以上連名の正員)を求めております. 下記要領により積極的にご推薦下さい.*候補者本人による推薦書の提出は認めておりません.

推薦を求める賞
功  績  賞(第76回)  谷川・ハリス賞(第57回)
増 本 量 賞(第24回)  技  術  賞(第59回)
以上2018年3月開催の春期講演大会の折りに授賞予定
推薦締切各賞共通 2017年6月30日(金)
候補者各賞共通 個人を対象とします
推薦資格各賞共通 本会社員(代議員)または,3 名以上連名の正員
推薦時の必要書類と注意事項 各賞共通
推薦に際しては,①推薦書,②業績の大要と推薦理由,③主要論文リストを添付書類として提出して下さい.
推薦書に重大な不備が判明したときは,候補者から除外いたします.
下記メール宛に「○○○○賞推薦」と明記し,送信下さい.
送信後2~3 日過ぎても受理メールの無い場合はお問合せ下さい.
(所定様式はホームページからダウンロードして下さい)
申込・問合先: 〒980-8544 仙台市青葉区一番町一丁目14-32
(公社)日本金属学会 各種賞係
TEL 022-223-3685 FAX 022-223-6312
E-mail: gaffair[at]jim.or.jp
※メールアドレスの[at]は@に置き換えて下さい。

第76回功績賞推薦要領
推薦締切 2017年6月30日(金)
推薦者 本会社員(代議員)または,3名以上連名の正員.
推薦数 1名の推薦者が推薦出来る候補者数は,1部門につき,1名です.
主 旨 金属・材料工学ならびに関連分野の進歩発達に寄与する有益な論文を発表したもので,しかも将来を約束されるような新進気鋭の研究者,技術者に授賞するものです. 工業技術部門を除いて,受賞対象者には年齢制限が設けられておりますので,この点特にお含みの上ご推薦願います.
応募部門 物性,組織,力学特性,材料化学,材料プロセシング,工業材料,工業技術の7 部門から選び,応募部門を記入して下さい.
(部門別に選考いたします)
候補者の対象 「工業技術」部門を除いて受賞年度の2018年5月31日時点で45歳以下の方
提出書類
推薦書
所定の推薦書様式により,候補者の要件をチェックの上,ご推薦願います.
最終学歴は卒業年次および学校名(学部名)を記入,また,大学院修了者は修了年次と大学名も併せて記入して下さい.
候補者略歴は10行以内で記載して下さい.
業績の大要と推薦理由:1,000字程度のA4版1頁を提出して下さい.
主要論文リスト:特に主要な論文を「原著論文」「解説論文」「国際会議論文」に分別し,計15編以内を選び,論文題目,発表誌名,巻号頁,共著者を記載の上,A4版1~2頁で提出下さい.
論文種の分別が無い場合は,審査に供しないので,ご注意願います.
(発表誌名,巻号年および共同研究の場合は共著者名を必ず記載して下さい.)

第57回谷川・ハリス賞推薦要領
推薦締切 2017年6月30日(金)
推薦者 本会社員(代議員)または,3名以上連名の正員.
推薦数 1名の推薦者が推薦出来る候補者数は,1名です.
主 旨 本賞は次の各項に該当する業績で高温における金属学の基礎的分野または工業技術分野の発展に貢献した方,対象となる業績は研究成果の頂点または集積のいずれでも可.
○鉄鋼・非鉄金属の製錬
○金属材料の熱処理に関連する研究
○金属および非金属の耐熱材料に関する研究
○その他高温における金属学に関する工業的あるいは基礎的研究
提出書類
推薦書
所定の推薦書様式により,候補者の要件をチェックの上,ご推薦願います.
最終学歴は卒業年次および学校名(学部名)を記入し,大学院修了者は修了年次と大学名も併せて記入して下さい.
候補者略歴は10行以内で記載して下さい.
業績主題を明記して下さい.
業績の大要と推薦理由:1,000字程度のA4 版1 頁を提出して下さい.
主要論文リスト:特に主要な論文を「原著論文」「解説論文」「国際会議論文」に分別し,計20編以内を選び,論文題目,発表誌名,巻号頁,共著者を記載の上,A4版1~2頁で提出して下さい.
論文種の分別が無い場合は,審査に供しないので,ご注意願います.
(発表誌名,巻号年および共同研究の場合は共著者名を必ず記載して下さい.)

第24回増本量賞推薦要領
推薦締切 2017年6月30日(金)
推薦者 本会社員(代議員)または,3名以上連名の正員
推薦数 1名の推薦者が推薦出来る候補者数は,1名です.
主 旨 「機能材料」分野で新KS 鋼,センダスト,ハードパーム,アルフェル,超不変鋼,コエリンバー等幾多の卓越した新素材の発明発見ならびに貴重な研究業績を残された,増本量博士のご功績を永遠に記念し,我が国の金属学界ならびに産業界の進歩発展を熱望された,博士の意志に応えるため「増本量賞」を創設した.
候補者の対象 機能材料分野で卓越した新素材の発明発見ならびに貴重な研究業績を残され,同分野に関する学理または技術の進歩発展に貢献した方.
提出書類
推薦書
所定の推薦書様式により,候補者の要件をチェックの上,ご推薦願います.
最終学歴は卒業年次および学校名(学部名)を記入し,大学院修了者は修了年次と大学名も併せて記入して下さい.
候補者略歴は10行以内で記載して下さい.
業績主題を明記して下さい.
機能材料分野で卓越した新素材の発明発見・貴重な研究業績の具体名を記載して下さい.
業績の大要と推薦理由:1,000字程度のA4版1頁を提出して下さい.
主要論文リスト:特に主要な論文を「原著論文」「解説論文」「国際会議論文」に分別し,計20編以内を選び,論文題目,発表誌名,巻号頁,共著者を記載の上,A4版1~2頁で提出して下さい.
論文種の分別が無い場合は,審査に供しないので,ご注意願います.
(発表誌名,巻号年および共同研究の場合は共著者名を必ず明記下さい)

第59回技術賞 推薦要領
推薦締切 2017年6月30日(金)
推薦者 本会社員(代議員)または3名以上連名の正員.
推薦数 1名の推薦者が推薦出来る候補者数は,1名です.
主 旨 工業技術の改良進歩などに大きな業績を残された方を選んで本賞を贈りその功労に報いんとするものであります.
候補者の対象 本賞は個人の業績を対象といたします.
提出書類
推薦書
所定の推薦書様式により,候補者の要件をチェックの上,ご推薦願います.
最終学歴は卒業年次および学校名(学部名)を記入し,大学院修了者は修了年次と大学名も併せて記入して下さい.
主な業歴は5~6行程度で記載して下さい.
業績の大要と推薦理由:1,000字程度のA4版1頁を提出して下さい.
対象業績に関連する論文リストおよび特許リスト:A4版1~2頁で提出して下さい.
論文リストは,特に主要な論文を「原著論文」「解説論文」「国際会議論文」に分別し,論文題目,発表誌名,巻号頁,共著者を記載して下さい.
論文種の分別が無い場合は,審査に供しないので,ご注意願います.
(論文題目,発表誌名,巻号年および共同研究の場合は共著者名を必ず記載して下さい.)

所定様式
功績賞(第76回)所定様式
谷川・ハリス賞(第57回)所定様式
増本量賞(第24回)所定様式
技術賞(第59回)所定様式