本多記念講演

受賞回受賞年月演題講師
第63回2018年3月高温融体の界面物理化学の深化 -”Capillary Metallurgy”の構築を目指して-田中敏宏
第62回2017年3月アルミニウム合金のナノクラスタ制御と高性能化の研究里 達雄
第61回2016年3月ステンレス鋼の不働態と局部腐食研究の進歩原 信義
第60回2015年3月マルテンサイト変態の核生成に関する一考察と鉄基形状記憶合金に現れる巨大歪の機構解明掛下知行
第59回2014年3月材料強度と熱活性化変形過程に関する若干の考察加藤雅治
第58回2013年3月弾性率制御を基軸とした高力学的生体適合化チタン合金新家光雄
第57回2012年3月Ti-Ni系形状記憶合金の研究と開発経緯宮崎修一
第56回2011年3月破壊現象における水素の機能南雲道彦
第55回2010年3月合金状態図と先端材料設計石田清仁
第54回2009年3月溶融金属および合金の微細構造早稲田嘉夫
第53回2008年3月医療用チタン合金の材料特性花田修治
第52回2007年3月鋼のベイナイトとその工業的重要性牧 正志
第51回2006年3月メタ磁性転移を示す遍歴電子系深道和明
第50回2005年3月透過型電子顕微鏡による材料の組織およびプロセス評価における最近の進歩坂 公恭
第49回2004年3月セラミックスの組織制御と粒界制御佐久間健人
第48回2003年3月材料の非破壊評価とスマートマテリアル岸 輝雄
第47回2002年3月「計算組織学」における最近の発展と将来展望宮崎 亨
第46回2001年3月単相合金の高温変形について及川 洪
第45回2000年3月金属材料におけるマイクロメカニックス森 勉
第44回1999年3月最近の超伝導材料について太刀川恭治
第43回1998年3月拡散研究の歩み小岩昌宏
第42回1997年3月アモルファス材料のナノ尺度構造鈴木謙爾
第41回1996年3月表面処理技術鳥瞰増子 昇
第40回1995年4月未知の領域,金属間化合物の魅力鈴木朝夫
第39回1994年3月超高電圧電顕法を中心とした原子クラスターの研究藤田廣志
第38回1993年3月金属材料の高温変形機構吉永日出男
第37回1992年4月CALPHAD (計算状態図)の進展西沢泰二
第36回1991年4月金属材料におけるアモルファス化の効果増本 健
第35回1990年4月コンピュータの材料科学への応用堂山昌男
第34回1989年4月金属間化合物-その期待される将来和泉 修
第33回1988年3月核的手法による金属の研究藤田英一
第32回1987年3月高分解能電子顕微鏡法の発展と材料科学への応用平林 眞
第31回1986年4月マルテンサイト変態における応力ならびに磁場効果清水謙一
第30回1985年4月高純度鉄中の溶質原子の挙動と機械的性質木村 宏
第29回1984年4月スラグ-メタル間のりん分配について盛利 貞
第28回1983年4月火力および原子力発電用継目無鋼管の進歩池島俊雄
第27回1982年4月超高圧電子顕微鏡その場実験法の発展と応用井村 徹
第26回1981年4月鉄鋼製錬の化学熱力学的研究三本木貢治
第25回1980年4月Fe-Ni-Cr 合金の局部腐食について-孔食・隙間腐食割れ・応力腐食割れ久松敬弘
第24回1979年4月高温における金属の変形と転位挙動辛島誠一
第23回1978年4月鋼の強化組織と耐破壊特性荒木 透
第22回1977年4月金属中の転位-点欠陥および転位-不純物原子相互作用橋口隆吉
第21回1976年4月製鋼過程の鋼中の水素に関する実験室的研究不破 祐
第20回1975年4月合金の応力腐食割れ下平三郎
第19回1974年4月時効性合金の基礎的問題とその開発村上陽太郎
第18回1973年4月面心立方金属の結晶塑性における二,三の問題高村仁一
第17回1972年4月鋼の合金元素としての窒素今井勇之進
第16回1971年4月金属の高純度精製と化合物の格子欠陥制御井垣謙三
第15回1970年4月塑性加工技術の研究開発-基礎と応用のつながり五弓勇雄
第14回1969年3月金属結晶の強度について鈴木 平
第13回1968年4月鋼線の進歩西岡多三郎
第12回1967年4月回復と再結晶鈴木秀次
第11回1966年4月金属液体の構造と物性竹内 栄
第10回1965年4月鋼材溶接の進歩関口春次郎
第9回1964年4月磁性体理論の展開広根徳太郎
第8回1963年4月製鉄業における塑性加工の実際富山英太郎
第7回1962年4月金属の腐食防食に関する科学の発展について岡本 剛
第6回1961年4月特殊鋼の進歩佐藤知雄
第5回1960年4月粉末冶金学の最近の進歩松川達夫
第4回1959年4月鉄鋼製錬技術の進歩湯川正夫
第3回1958年4月軽合金の最近の進歩大日方一司
第2回1957年4月鋳造法における最近の進歩浜住松二郎
第1回1955年4月結晶学的観点と金属学の進歩西山善次