【分科会シンポジウム】

高温物性値測定技術の最前線とものづくりへのアプローチ

―第2分科会企画―

〔協賛予定〕 (一社)日本鉄鋼協会,(一社)日本熱物性学会,(一社)日本機械学会

材料創製プロセス中に生じる種々の現象の機構解明や支配要因影響の明確な把握のカギを握るのが「高温物性値」である. より精緻な測定のための最新技術および高温物性値に深く関連したものづくりプロセスについての最新の話題について知見を共有し, 意見交換および幅広い討論を行う.

皆様のご参加をお待ちしております.

(企画世話人 東工大 小林能直 兵庫県立大 松尾直人)

日  時 2017年1月24日(火)10:00 ~ 17:20
場  所 東京工業大学 大岡山キャンパス西9 号館1 階コラボレーションルーム
(アクセス:東京急行大井町線/目黒線「大岡山51R」徒歩3分)
募集定員 40名
受講料・受講資格 (テキスト代含む・税込)
受講資格 (テキスト代含む・税込)
事前申込 当日申込
正 員 10,000円 12,000円
学 生 5,000円 6,000円
非会員 15,000円 18,000円

(本会維持員会社社員,協賛学協会会員は会員扱い.学生は会員,非会員の区別なし)

申込要領 E-mail で meeting[at]jim.or.jp 宛お申し込み下さい。
※[at]は@に置き換えてください。
申込項目は以下のとおりです。
① 送信 subject に「高温物性値とものづくり」と記入、
② 氏名、
③ 会員・非会員・学生の区別(本会会員は会員番号も)、
④ 勤務先・所属、
⑤ 通信先住所(テキスト等送付先と電話番号)申込受理確認のE-mailを返信します。
事前申込締切 2017年1月12日(木)着信
テキストの送付 開催10日前までに発行送付の予定です。事前に申し込まれた方にはテキストが出来次第参加証等関係資料とともにお送り いたします。
受講料払込方法 お申込受理後,請求書を送付いたします。
問合先 〒980-8544 仙台市青葉区一番町1-14-32
(公社)日本金属学会 シンポジウム参加係
TEL 022-223-3685 FAX 022-223-6312
プログラム
10:00~10:10 挨拶
10:10~11:00 (1) 3D プリンターの最新技術 芝浦工大 安齋正博
11:00~11:50 (2) 多種物性値同時測定システムPROSPECT の開発 東北大 福山博之
―昼 食―
13:10~14:00 (3) 鉄鋼プロセスに関する熱伝導度・熱流量測定 東工大 須佐匡裕
14:00~14:50 (4) 高精度熱拡散率測定法 東工大 森川淳子
―休 憩―
15:10~16:00 (5) 電気容量を用いた結晶化度測定 九大 齊藤敬高
16:00~16:50 (6) 液体金属の物理化学 阪大 田中敏宏
16:50~17:10 総合討論
17:10~17:20 挨拶
―(各講義には10分程度の質疑応答時間を含む)―