第3回エレクトロニクス薄膜材料研究会
「電子・情報・エネルギー素子と機能材料の最近の研究」


 低炭素化社会の為の次世代電子・情報・エネルギー素子として,従来の半導体材料及びプロセスに踏襲されない革新的機能を有する電子デバイスが要求されている. 本研究会では,革新的機能を有する電子デバイスに繋がる新たなエレクトロニクス材料について検討する.
日 時 2015年9 月17日(木) 17:00~19:00
場 所 九州大学伊都キャンパス(センター1 号館(金属学会E 会場))
プログラム
17:00~17:40 リン化法を用いたカルコパイライト型リン化物の成膜と太陽電池への応用
京大院工 野瀬嘉太郎
17:40~18:20 ハーフメタル型電子状態を有するホイスラー合金の磁性と相安定性
東北大金研 梅津理恵
18:20~19:00 電気磁気効果に基づく垂直交換磁気異方性の電界誘起方位反転
阪大院工 白土 優
企画責任者 松尾直人(兵庫県立大院工)
参加費 無料
申込・問合先 9月11日(金)までにFAX またはE-mail にて氏名・所属・電話番号を明記してお申込み下さい.
〒671-2280 姫路市書写2167
兵庫県立大学大学院 材料・放射光工学専攻
松尾直人 FAX: 079-267-4907
E-mail: nmatsuo@eng.u-hyogo.ac.jp