(研究会 No.69)


第2回エレクトロニクス薄膜材料研究会
「最先端電子・情報素子と機能材料研究の動向」

 低炭素化社会の為の次世代電子・情報素子として,従来の半導体材料及びプロセスに踏襲されない革新的機能を有する電子デバイスが要求されている. 本研究会では,革新的機能を有する電子デバイスに繋がる新たなエレクトロニクスの薄膜材料について,過去の流れを踏まえ検討する.
日 時 2014年9 月25日(木) 13:00~17:20
場 所 名古屋大学東山キャンパス全学教育棟4 階(C40)

プログラム
13 : 00~13 : 40 (特別講演)ナノ薄膜・ナノ細線・ナノ粒子構造による電子の量子制御とエレクトロニクス応用
豊田工大 榊 裕之
13 : 40~14 : 20 新しいIV族半導体材料の開発とシリコンナノエレクトロニクスへの応用
名大院工 財満鎭明
14 : 20~15 : 00 新世代電子デバイス開発に向けたナノ電子材料分析と物性制御
名大院工 宮崎誠一
―休憩―
15 : 20~16 : 00 最先端プラズマ科学が拓く電子デバイス・機能材料プロセッシング
名大院工 堀 勝
16 : 00~16 : 40 分極半導体としてのInAlGaN とデバイス応用
名大院工 天野 浩
16 : 40~17 : 20 複合酸化物薄膜の原子構造制御
名大院工 山本剛久
企画責任者 松尾直人(兵庫県立大院工)
参加費 無料
申込・問合先 9月19日(金)までにFAX またはE-mailにて, 氏名・所属・電話番号を明記してお申込み下さい.

〒671-2280 姫路市書写2167
兵庫県立大学大学院
工学研究科物質系工学専攻
松尾直人 FAX: 079-267-4907
E-mail: nmatsuo@eng.u-hyogo.ac.jp