【研究集会】(研究会No.58)


機能性ポーラス材料研究会
(2010年秋期大会期間中)


 本研究会では、気孔形態がナノからミリメートルのサイズまで制御されたポーラス材料の製法,特性評価から応用開発研究に関する情報交換を行い,ポーラス材料研究の発展に資する議論の場を提供することを目的としています。このたび、2010年秋期大会の研究集会では、下記のように2件の講演を予定しております。講師の方からは、低環境負荷微細孔材作製プロセスおよびロータス型ポーラス金属・発泡金属を中心としたポーラス金属の力学特性に関する最近の研究を紹介していただきます。多数の皆様の参加を歓迎します。
 なお、本研究会へのメンバー登録を希望される方は、氏名、連絡先(E-mail address含む)を明記の上、事務局宛にお申込み下さい。

日 時 2010年9月26日(日)17:00~19:00
場 所 北海道大学工学部N棟3階(金属学会P会場)
講 演 低環境負荷微細孔材作製プロセスの試み阪大 田中敏宏
  一方向性気孔を有するロータス型ポーラス金属および発泡金属を
中心としたポーラス金属の力学特性の特徴
阪大 多根正和
参加費 無料
世話人 中嶋英雄
事務局 多根正和 〒567-0047 大阪府茨木市美穂ヶ丘 8 -1
      大阪大学産業科学研究所
      Tel: 06-6879-8437 Fax: 06-6879-8439
      E-mail: mtane@sanken.osaka-u.ac.jp