【研究グループ集会】


第11回「拡散研究会」

平成10年に日本金属学会分科会研究グループ「拡散研究会」を開催して以来、各種材料での拡散を研究する大学の研究者だけでなく、研究所、企業等での第一線の研究者が相互に情報交換し、有機的に研究協力を推進して研究のレベルアップを目指すこと及び拡散研究の新しい展開を押し進めることを目的として、活動を続けてまいりました。その中で皆様の活発なご参加のお陰で平成13年度と14年度の拡散研究会の延長が認められ、より活発で広範囲な活動をさせていただくことができました。しかしながら、今回の第11回「拡散研究会」を最後に研究会を終了する運びとなりました。企画として、拡散の基礎物性である材料中の点欠陥について陽電子消滅法からのレビュー、材料科学における拡散研究の歴史と展望に関する話題、拡散研究会の総括を取り上げました。この秋の金属学会大会の第2日目の夕方に、第11回「拡散研究会」を下記の要領で開催します。本研究会のメンバー登録の有無にかかわらず是非ともご参加をお願い申しあげます。

拡散研究会終了後、小さなパーティー(懇親会)を計画いたしております。こちらの方にもご参加をお願い申しあげます。会費は2000円です。人数把握のため、前もってご参加の予定をメールにてお知らせいただきますと幸いです。当日、飛び込み参加も歓迎いたします。

日 時 2002年11月3日(日) 17:20~19:00(~20:30)
場 所 大阪大学 産業科学研究所 第2研究棟 共同プロジェクト企画室(109号室)

17:20-17:25 挨拶とインフォーメイション
大阪大学大学院     南埜宜俊
17:25-18:05 陽電子消滅法で見た材料中の点欠陥
大阪大学大学院     白井泰治
18:05-18:45 拡散研究の先駆者たち
 京都大学名誉教授    小岩昌宏
18:45-19:00 拡散研究会の総括
大阪大学産業科学研究所 中嶋英雄
19:00-20:30 懇親会  同棟 6階 ピロティー 会費2000円

世話人 中嶋英雄 hideo.nakajima@sanken.osaka-u.ac.jp
南埜宜俊 minamino@ams.eng.osaka-u.ac.jp