【東海支部】

「湯川記念特別講演会」


  鉄鋼の更なる高性能化のためには、強度、延性、靭性、耐水素脆性を満足させる必要があります。自動車用薄鋼板とラインパイプ用厚板を例にとり、その要求特性をユーザーの立場にたって理解した上で、金属組織制御による課題克服の研究開発状況を紹介します。金属組織の視点からは、超微細粒鋼、ベイナイト鋼、焼き戻しマルテンサイト鋼を紹介例としますが、普遍的な組織制御指針すなわち理想組織像に迫りたいと思います。
日  時 2010年7月15日(木)15:00~16:30
場  所 名古屋大学 豊田講堂第1会議室
(住所:〒464-8601 名古屋市千種区不老町)
(交通:地下鉄名古屋大学駅下車、東へ徒歩5分)
講演題目 「力学特性から求められる金属組織:鉄鋼の理想組織像は描けているか」
(独)物質・材料研究機構 新構造材料センター  津崎兼彰
企画責任者 梅本 実(豊橋技術科学大学)、植田 茂紀(大同特殊鋼(株))
参加費 無 料
申 込 特にお申し込みの必要はございません、多数のご参加をお願い申し上げます。
問合先 〒464-8603 名古屋市千種区不老町
名古屋大学大学院工学研究科 マテリアル理工学専攻内
日本金属学会・日本鉄鋼協会 東海支部事務局
Tel.090-6090-3604、E-mail:tokai@numse.nagoya-u.ac.jp